書籍・雑誌

2013年1月29日 (火)

理由(劇場版):このミステリーがすごい!

「このミステリーがすごい!」にランキングされた映像化作品を特集する。

年間で最も支持されたミステリー小説を発表する雑誌「このミステリーがすごい!」で、ランキングされた小説の映像化作品を特集。

宮部みゆきの直木賞受賞作を大林宣彦監督が映像化した「理由(劇場版)」は、超高層マンションで起きた惨殺事件をきっかけに、被害者たちの意外な過去が多くの証言によって明かされていく群像劇。

証言者として登場する豪華スターの顔ぶれに注目だ。

その他、伊坂幸太郎原作の「重カピエロ」と「アヒルと鴨のコインロッカー」、高村薫原作の「マークスの山」、横山秀夫原作の「半落ち」などを放送する。