学問・資格

2013年4月29日 (月)

特集:日本史再発見

忘れていた日本の歴史を学び直し、新しい事実に触れる番組を特集。

ここ数年、日本史に関する書籍や高校生向けの教科書が幅広い世代で売れるなど、空前の歴史ブームが続いている。

改めて日本史を学び直したいと考える人が増えていることが要因のひとつだろう。

ヒストリーチャンネルは地方にこそ日本史のエッセンスが詰まっていると考え、全国のケーブルTV局制作によるご当地歴史番組を募集。

応募作の中から特に優れた10番組を厳選し、「第1回ヒストリーアワード 地方の歴史から日本を紐解く」で放送する。

また、要潤扮するタイムスクープハンターがあらゆる時代に飛んで、市井の人々の身に起こる出来事や事件を追う人気シリーズ「タイムスクープハンター」のシーズン2も登場。

目立つことが信条の“かぶき者”の実像や江戸時代のの婚活事情など、時代劇や教科書では描ききれなかった一般人のの日常を考察する。

そのほか、明智光秀から高杉晋作まで、名将を陰で支えたナンバー2たちに焦点を合わせた「ナンバー2 歴史を動かした陰の主役たち」、坂本龍馬の人生をを故郷の土佐を中心に描いた「あだたぬ奴 坂本龍馬の原点」、武田信玄が最強の武将となるために対峙した人生のターニングポイントを徹底解剖した「ターニングポイント 甲斐の猛将 武田信玄」など、日本史の面白さを再発見できる番組を特集する。

2012年9月21日 (金)

西部邁・佐高信の学問のすすめ3

評論家の西部邁と佐高信の2人が、1つのテーマを基に今を論じる討論番組。

「人物」を手がかりにしたパート1、「本」をテーマに語ったパート2に続き、パート3では人類の偉大な文化「映画」を取り上げ、監督、出演者、時代背景などを分析。

その時代を振り返るとともに、いま考えるべきことを論じる。

舌鋒鋭い2人の論客は毎回、どんな映画を選ぶのだろうか。