スポーツ

2013年9月 1日 (日)

第62回全日本大学野球選手権

プロ注目の選手も多数出場! 大学日本一決定職を全25試合生中継。

全国26連盟の春季リーグ王者が一堂に会し、大学日本一の座を懸けてトーナメントでしのぎを削る全日本大学野球選手権。

62回目を迎える今回は、6月11~16日の6日問、明治神宮球場と東京ドームを舞台に開催される。

甲子園を沸かせた選手やドラフト候福生も多数出場するこの大会。

昨年は早大が亜大を下し、2007年以来4度目の戴冠。

MVPにはプロ注目の早大の1年生右腕、吉永健太朗が選ばれた。

プロのスカウトマンも目を光らせるこの大会。

果たして、栄冠を手にするのは?

1回戦から決勝まで、生中継で全25試合の熱戦を見届けよう。

新着サイトです。明日のためのつぶやき

2013年7月 1日 (月)

2013 AFCチャンピオンズリーググループステージ

日本勢の運命やいかに?

アジア最強クラブの座を目指して、32チームが8組に分かれたグループステージが行われているAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)。

優勝チームにはクラブW杯の出場権が与えられる。

日本からはJリーグ王者の広島、同2位の仙台、同3位の浦和、天皇杯優勝の柏が出場。

2008年のG大阪以来の頂点を狙っている。

4月は、第3節から最終第6節の日本勢の全試合を生中継を中心にお届け。

日本勢の決勝ト-ナメント進出に期待したい。

ACLの魅力と見どころを凝縮して紹介する「Jから世界へ!」をチェックして、戦いを存分に楽しもう。

バドミントン大阪インターナショナルチャレンジ2013

日本バドミントン界の若手の登竜門として知られる大会。

ロンドン五輪銀メダルの藤井瑞希&垣岩令佳も3年前にこの大会の女子ダブルスを制している。

今年も国内外から次回五輪出場を夢見る若手選手が集結して、熱戦を展開する。

新着ブログ、frzachv blogです。

2013年4月30日 (火)

ゴルフ米国男子PGAツアー

石川遼が今季から本格参戦! 米国男子PGAツアーが開幕。

ゴルフの米国男子PGAツアーが開幕。

今季は石川遼が本格参戦することもあり、例年以上に注目度が高まっている。

ゴルフネットワークでは、ツアーの全試合を放送していく。

開幕戦の「ヒュンダイトーナメント」は昨季のトーナメント覇者のみが出場できる大会で、ハイレベルな戦いが期待できる。

中でも2012年の全英オープン覇者で、今大会との相性も良いアーニー・エルスに注目だ。

翌週の「ソニーオープンインハワイ」には、毎年数多くの日本人選手が参戦。

過去には青木功が日本人初のPGAツアー優勝を飾ったこともある大会だけに、日本人選手の上位進出に期待したいところだ。

「ファーマーズ インシュランスオープン」は、2012年に石川遼が13位タイに入った大会。

カイル・スタンレーが最終ホールでトリプルボギーを叩いて追いつかれ、プレーオフでプラント・スネデカーが逆転優勝を果たすという劇的な結末も印象深い。

2013年4月26日 (金)

12/13 セリエA 第19~22節

ユーベの足踏みでV争いは混戦に、カップ戦はいよいよ二強が決定!

後半戦に突入したセリエA。

スクデット争いは、開幕から無敗を誇ったユベントスが第11節でインテル、第14節でミランに敗れ混戦模様に。

第5節から7連勝を飾ったインテルに首位浮上のチャンスが到来したが、その後は停滞し、ユーベ、ナポリ、ラツィオ、ローマらとともに、ほぼ横一線で首位戦線を形成するに至っている。

1月のオンエアは第19~22節。

インテルは第21節のローマ戦を除けば、ウディネーゼ、ペスカーラ、トリノと比較的楽な相手との対戦が続く。

着実に勝ち点を積み上げておきたい。

一方、スクデットと並ぶ国内ビッグタイトルがコッパ・イタリア。

セリエA所属クラブはもちろん、セリエBなど下部のクラブも参加するトーナメントのカップ戦で、優勝チームにはUEFAヨーロッパリーグヘの出場権が与えられる。

1月は準々決勝~準決勝を生中継。

王座奪回を目指すインテル戦を中心にお届けする予定だ。

2013年3月31日 (日)

全国高校バスケ選抜優勝大会2012

高校バスケの冬の王者を決める戦い、男女全100試合を広島から生中継!

「ウインターカップ」と呼ばれるこの大会は、男女とも各都道府県代表にインターハイ優勝&準優勝校、開催地代表1校を加えた50校が出場。

トーナメントで覇を競う。今回は、12月23~29日に広島で開催される。

男子の注目は、昨季王者にして今年のインターハイも制した延岡学園(宮崎)をどこが止めるか?

インターハイ準Vの洛南(京都)や正智深谷(埼玉)、尽誠学園(香川)に期待がかかる。

一方、女子はインターハイ女王の桜花学園(愛知)、同率Vの聖カタリナ女(愛媛)、山村学園(埼玉)の前評判が高い。

男女全100試合を生中継!

第14回Wリーグ

大詰めを迎えるレギュラーシーズンから強豪同士の激突をオンエア!

日本女子バスケットボールの最高峰、Wリ-グ。

2部にあたるW1リーグの廃止に伴い、今季からは12チームによって争われることになった。

今季の注目は、JXの5連覇達成なるかどうか。

そのJXは今季も開幕から連勝街道を驀進しているが、富士通もピタリと追走。

さらに、三菱電機、シャンソン化粧品も好調をキープしている。

出遅れてしまった昨季準Vのトヨタ自動車も調子を上げており、予断を許さない。

12月はレギュラーシーズン最終節から、神奈川県スカイアリーナ座間で行われる「富士通×シャンソン」の一戦をお届けする。

※新着サイトの紹介です。機影日記

2013年3月30日 (土)

12/13 フランスリーグ・アン 第15節

今季のリーグ・アンは、大型補強で戦カアップしたパリSGが好スタート。

マルセイユ、リヨン、サンテティエンヌらがこれを追っている。

12月は第15-19節をオンエア。

第18節の「パリSG×リヨン」は首位攻防戦として注目の好カードだ。

12/13 オランダ エールディビシ 第15節

第15-18節が開催される12月のオランダエールディビジからは、日本人選手所属チームの試合など注目カードを毎節1試合オンエア。

ハーフナー・マイクと安田理大が所属するフィテッセは、首位をうかがえる位置につけており要注目だ。

12/13 ロシアブレミアリーグ 第18節

自らの長期離脱もあり、3位に終わった昨季の雪辱を誓うCSKA本田圭佑の出場試合を毎節お届け。

開幕直後は出遅れたCSKAだが、徐々に調子を上げ、第13節で首位に浮上。

本田もゴール量産で勝利に貢献している。

12月は第18-20節を放送。

2013年3月28日 (木)

ブンデスリーガ 12/13シーズン 第15節

ブレイク直前の注目カードをお届け。サムライたちの活躍に期待がかかる!

ドイツ・ブンデスリーガは12月中句から、約1ヵ月のウインターブレイクに突入。

その直前に行われる、第15-17節の注目カードをお届けする。

マイスターシャーレ争いは、覇権奪回に燃えるバイエルンがリード。

これを内田篤人のシャルケ、乾責士のフランクフルトらが追う展開だ。

また、シュツットガルトの岡崎慎司が故障から復帰し、ヴォルフスブルクの長谷部誠も監督交代を機に出場チャンスをつかんでいる。

ニュルンベルクの清武弘嗣、レヴァークーゼンの細貝萌、ハノーファーの酒井宏樹も含めて、サムライたちのさらなる活躍が期待できそうだ。

サッカードイツカップ 12/13 3回戦

ブンデスリーガ1&2部の36チームを含む64チームが、トーナメントで覇を競うドイツのカップ戦。

12月は8強が決定する3回戦から、注目カード4試合を生中継を含めてお届け。

日本人選手の活躍から目が離せない!

2013年2月26日 (火)

男子テニス ATPワールドツアー今季最終戦

男子ツアー最終戦をたっぷりと、国別対抗戦もファイナルヘ。

男子テニスのATPワールドツアー今季最終戦、ファイナルズのシングルス全試合を8日間完全生中継でお送りする。

年間成績上位8人のみが出場するこの大会は、すべての力-ドでグランドスラム決勝戦さながらの組み合わせが実現する。

今季の四大大会で優勝を分け合っているフェデラー、ジョコビッチ、マレー、ナダルが顔を揃えるだけに、まさしく誰が勝ってもおかしくはない。

また、女子のWTAツアー最終戦からは、10月のシングルスに続き、今月は年間上位4組が争うダブルスをお届けする。

一方、国と国の威信を懸けた国別対抗戦もクライマックスヘ。

男子のデビスカップ決勝戦「チェコ×スペイン」、女子のフェドカップ決勝戦「チェコ×セルビア」をそれぞれオンエアする。

男子はスペイン、女子はセルビアが連覇を狙う。

最近は、エンタメで情報を仕入れています。

2013年2月24日 (日)

12/13 セリエA 第11-14節

V奪回を期すインテルで躍動する畏友、第11節では王者・ユベントスと激突!

長友佑都がインテルでプレーしているセリエA。

その長友は開幕からほぼフル出場しているが、チームは第4節で最下位に敗れるなど、なかなか波に乗れない。

状況を打開するために、ストラマッチョーニ監督は3バックを採用。

これに伴い、長友も左サイドバック以外でのプレーを強いられることになりそうで、今後の動向が注目される。

第11~14節が行われる11月。

インテルは、第11節では王者ユベントスとの“イタリアダービー”が控えている。

第5節でセリエA通算100試合出場を果たした森本貴幸(カターニア)の活躍にも期待したい。

2013年1月29日 (火)

ドイツ・ブンデスリーガ生中継 201210

「ブンデスリーガ 12/13 シーズン」日本人選手の活躍を毎節オンエアする。カツプ戦は2回戦を生中継!

日本人選手が多数プレーしているドイツ・ブンデスリーガ。中でも注目されるのが、ニュルンベルクに加入した清武弘嗣。開幕戦ではトップ下で先発出場。果敢にドリブル突破を図り、シュートも放って勝利に貢献した。現地の評価も上々で、今後は中心選手として活躍が期待されている。

シャルケの内田篤人も開幕戦に先発出場。バイエルンからホッフェンハイムに移籍した宇佐美貴史も途中出場を果たした。二人とも今季は大いに暴れてくれそうだ。

一方、マイスターシャーレ争いは、香川真司の穴をドイツ代表MFロイスで埋めて連覇を狙うドルトムントと、無冠に終わった雪辱に燃えるバイエルンが今シーズンも中心になるだろう。

10月は第7-9節の好カードを生中継中心にお届けするほか、ブンデスリーガー、2部をはじめとする64チームがトーナメントで争うカップ戦・ドイツカップも2回戦から注目対決を生中継。こちらも要チェックだ。

より以前の記事一覧