« 12/13 セリエA 第19~22節 | トップページ | 特別番組「トロン:ライジング序章」 »

2013年4月27日 (土)

京都金杯(G3) 京都競馬場

中山金杯とともに新年の開幕を飾る重賞レース、京都金杯が京都競馬場の芝1600メートルを舞台に繰り広げられる。

この競走は、開設当初は「金杯」として芝2000メートルの別定戦として行われていたが、1981年にハンテ戦となり、1996年には京都金杯と名称が変更、2000年からは距離が1600メ-トルに短縮され。

2000年以降は、同じ距離とコースで行われる前年のマイルチャンピオンシップ出走馬が好走するケースが目立っている。

過去10年のこのレースの勝ち馬からは、2005年のハットトリックがマイルチャンピオンシップと香港マイルを、2008年のエイシンデピュティが宝塚記念を制し、ビッグタイトルを手にしている。

2012年は、3番人気のマイネルラクリマが、好位から抜け出して1分32秒9のタイムで優勝した。

1馬身1/4差の2着にダノンシャーク、さらにクビ差の3着にアスカトップレディが入った。

果たして、西日本における2013年中央競馬の開幕を飾る重賞レースは、どのような結果となるのか。

勝ち馬とそのレースぶりに注目が集まる。

« 12/13 セリエA 第19~22節 | トップページ | 特別番組「トロン:ライジング序章」 »

ギャンブル」カテゴリの記事