« プラモつくろうCUSTOM SP25 カーモデル | トップページ | ミッション:8ミニッツ »

2013年3月26日 (火)

テレンス・マリック監督特集

世界の映画人にリスペクトされる、伝説的巨匠の映像詩に触れる。

生けるカリスマ。40年に及ぶキャリアの中で、手がけた長編は最新作「トゥ・ザ・ワンダー(原題)」を含めてわすか6本。

メディアにもほとんど登場しないこともあって、テレンス・マリックは伝説的な監督として神格化されてきた。

今回は、そんなカリスマ的巨匠の監督作全5本を一挙放送する。

カンヌ国際映画祭の最高賞に輝いたブラッド・ピット主演の「ツリー・オブ・ライフ」は、自伝的な要素が強い力作。

厳格な父に対する葛藤や信仰心を中心に、人類の根源に迫るスケールの大きな世界が展開する。

73年の長編デビュー作「地獄の逃避行」や、あまりにも美しい映像が語り草となっている「天国の日々」、20年の沈黙を破って世に送り出した戦争ドラマ「シン・レッド・ライン」など、その映像世界の詩的な美しさに魅了されるに違いない。

※幽遊白書のことを、「幽☆遊☆白書」という記事で読みました。

« プラモつくろうCUSTOM SP25 カーモデル | トップページ | ミッション:8ミニッツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事