« [藤沢周平の世界]小川の辺 | トップページ | コクーン歌舞伎『天日坊』 »

2013年1月 2日 (水)

大豪邸に残された嫁と姑 片平なぎさ特集

“2時間ドラマの女王”と異名をとる片平なぎさ出演のサスペンスドラマを毎週特集放送する。

銀座の裏通りで、診療所の医師・赤地(中尾彬)の変死体が発見された。

容疑がかかったのは赤地とかつて肉体関係があった老舗の菓子店の嫁・歌子(野際陽子)。

彼女は姑と折り合いが悪く、姑は孫の柚季(片平なぎさ)を溺愛していた。

その後、歌子が自宅の屋根から転落死するという悲劇が起こり、いよいよ謎は深まっていく…。

そのほか、「整形花嫁の復讐」(14日)、「刑事の妻の告白」(21日)、「悪霊に追われる女」(28日)など、11月まで、選りすぐりの13本を放送していく。

未DVD化、CS・BS初放送作品が多い貴重なラインアップだ。

今回は1984年~1998年までの作品を放送する予定だ。

25歳から39歳までの片平なぎさの演技の変遷にも注目したいところだ。

法律事務所 時間差トリック

かつて大手事務所に所属していた弁護士の礼門晃(水谷豊)は、今は弁護士稼業そっちのけで海藻の研究に没頭中。

そんな彼が後輩弁護士・夏美(鈴木杏樹)の頼みで、殺人容疑をかけられた乗馬クラブの指導員・杉本の弁護を手伝うことに。

杉本は無罪を主張するが、目撃証言が出てくる。

« [藤沢周平の世界]小川の辺 | トップページ | コクーン歌舞伎『天日坊』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事