« 松本清張ドラマスペシャル 波の塔 塗られた本 | トップページ | 地下6400キロの旅 »

2012年12月15日 (土)

ワイルド・ミシシッピ 共存する動物たち

アメリカで最も長い河川・ミシシッピ川の魅力と、流域で厳しい生存競争に立ち向かう生き物たちのドラマを描く。

ミネソタの源流からメキシコ湾へ下りながら、沿岸の大自然や生態系を紹介していく。

9日は「厳しい冬の到来」。

ミシシッピ川の野生を探索する旅の始まりは秋。

オオカミ、ボブキャット、ハクトウワシ、ヤマアラシなどの動物たちが厳しい冬に備える様子を紹介。

16日の「危険を伴う春の訪れ」では、水位の上昇がもたらす新たな生存競争を描く。

巣を流され、森の捕食者の格好の餌食となるビーバーや鳥にとっては受難の時期だ。

そして23日は「ミシシッピ・ブルース」。

合流するオハイオ川がミシシッピにもたらす多大な影響とは…。

“ミシシッピワニ”と呼ばれるアメリカアリゲータ-にも遭遇する。

« 松本清張ドラマスペシャル 波の塔 塗られた本 | トップページ | 地下6400キロの旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事