« ブルー・プラネット | トップページ | 七人の刑事(1970年代版) »

2012年11月12日 (月)

キャッスル ミステリー作家は事件がお好き シーズン3

名コンビぶりも快調な新シーズンがスタート。

頭脳明晰だがノリの軽いお調子者の推理小説家キャッスルと、美人だけど男勝りで頑固者の女刑事ベケットが、お互いに意地を張りながらも絶妙のコンビネーションで難事件を解決していく人気犯罪ドラマ。

その待望の新シーズンが日本初登場する。

別れた妻と一緒にキャッスルがニューヨークを去って数カ月。

秋には戻る、と言っておきながらまったく音沙汰なし。

もう戻ってこないものと諦めかけていたベケットだが、その矢先に思いがけない形でキャッスルと再会する。

それはなんと、連続殺人事件の容疑者として…!

今シーズンも初っぱなからお騒がせぷりを発揮するキャッスル。

もちろん、抜群の推理力だって健在だ。

ベケットとの名コンビぶりもますます快調だし、キャッスル家やニューヨーク市警の面々も相変わらずにぎやか。

衝撃の最終話まで見逃せない。

ケイト・ベケット(スタナ・カティック)

ニューヨーク市警の女性刑事。最初はキャッスルのことを煙たがっていた。過去に母親が殺人事件の犠牲になっている。

リック・キャッスル(ネイサン・フィリオン) ひょんなことからニューヨーク市警の捜査を手伝うことになった人気の推理作家。元女優の母親と思春期の一人娘には頭が上がらない。

くっつきそうでくっつかない!? キャッスルとベケットの微妙な関係

お互いに仕事のパートナーという以上の存在と感じながらも、恋愛にまでは踏み出せないキャッスルとベケット。今シーズンでもその微妙な関係が軸となる。前妻とつかず離れずのキャッスルと、新たな恋人の影が浮上するベケット。2人の関係に進展はあるのか?

“KISS”のジーン・シモンズも! 豪華ゲストスターが勢揃い

豪華なゲストスターの顔ぶれにも注目。ロックバンド“KISS”のジーン・シモンズをはじめ、「プリズン・ブレイク」のドミニク・パーセルや「ライ・トゥー・ミー」のブレンダン・ハインズなどFOXの人気ドラマでおなじみのスターも目白押しだ。

友人のブログを紹介しておきます。

日々更新

海外ドラマやテレビのバラエティー番組の記事が多いブログです。

« ブルー・プラネット | トップページ | 七人の刑事(1970年代版) »

映画・テレビ」カテゴリの記事